発言小町@新聞

働くママ、本当に充実してる?

[トピ]みんな心の底から充実した輝くワーママなのでしょうか

 3歳の子どもを保育園に預けている38歳です。小町で「仕事はママでも妻でもない私の時間。仕事があるから家事も育児も頑張れる」との意見を見ます。

 大企業の総合職で働いていますが、職場では中途半端、「ママはお仕事だから」と家事は手抜き、育児は保育園任せ。自分にも家族にも言い訳して日々やり過ごしています。兼業主婦の皆さんは本当に充実した生活を送られているのでしょうか。(タンバリン)


 ※トピは⇒こちら


[レス]輝いている人います/そうそういない/思いつめないで/いとしい奮戦中の自分

  • イラスト・山崎のぶこ
    イラスト・山崎のぶこ

いると思う。キラキラした充実した生活をしている女性。

 いると思いますよ。毎日キラキラと充実している方。そういう女性って自分を奮い立たせるのが上手なのですよ。(紺子)


■一緒ですよ!

 10年前の私が書いたのかと思いました(笑)。47歳、大手企業の総合職、2人の子持ちです。こんなんでいいのかと悩むこともありましたが、みんながバリバリやる必要なんてないと思うようになりました。仕事に対して手抜きさえしなければ、自分のことは自分で決めたらいいんです。子どもたちはもう中高生ですが、働く母はカッコいいと思っているようです。(モコ)


■じゃあどうしたら幸せなんですか?

 私も同じような状況ですが、子どもと遊ぶ時は全力で遊んで、幼稚園や学校でカバーできないところをカバーしています。勉強も毎日見てあげてるし、週末も家族で大きい公園とか海とかに行って、一緒に遊びます。もちろん職場にいる間は全力で仕事しています。(すー)


■少数派です

 すてきなワーママ、実際にいます。彼女たちは愚痴や悪口を言う時間もないほど忙しく、スポーツ選手のように、汗をかいて疲れているはずなのにすがすがしく楽しそう。でもそんな体力のある女性はそうそういません。(主婦)


■隣の芝は青い

 専業主婦もワーママも、それぞれ悩みを抱えてる。仕事や家族など様々な苦悩を抱えながら必死でやってるだけ。その姿が輝いて見えるのでは?(もーちゃん)


■そう思わないと

 大半の人は葛藤しながら、心の中で妥協点を見つけて生きていると思います。私から見たらトピ主さんは十分キラキラしてます。あまり思いつめないでください。(おばあさんか)


■お疲れですね

 そんな輝くワーママなんて少数派に決まってるじゃないですか~!と思いながら日々過ごしてますよ、私は。輝くには余暇が必要ですが、そんな時間はフルタイムワーカーにはないですもん。(ワーキングママ)


■トピ主さんの悩みは一時的なもの

 トピ主さん、お疲れさまです。文面から疲れが伝わってきます。私はアラフィフですが、10年前はあなたのような感じでした。でも子どもは大きくなります。子育ての才能も、おむつを取ることでなく、社会に出る際のアドバイスができること、といったように物差しも変わります。仕事もしかり。失敗や成功の経験が蓄積して、判断力が付きます。輝く、輝かないは後付けでしょう。私は10~16年前の、奮戦中だった自分はそれなりに輝いていたといとおしく思います。(アラフィフ)


■えらい

 トピ主さんは自分に正直でえらいと思います。私も日々何をしていても忙しく、キラキラしているよりクラクラしていますよ。そんな中からなりたい自分になっていけると思います。(ステラ)

未来見据え視野広げる

 パソナのキャリアコンサルタント、大谷はるかさんの話「働く母親は、日々の仕事や子育てで時間に追われ、目の前のことで精いっぱいになりがちです。子どもが成長した時にどうしたいか、働き続けてどうなりたいか、など未来を見据えたり、自分のなりたい姿をイメージしたりすると、視野が広がります。他人とではなく、昨日までの自分と比較して考えるようにすれば、心の負担も軽くなって、達成感も得られやすいでしょう」