発言小町@新聞

小2の息子、寝坊や忘れ物心配

[トピ]小学生:朝起こし、宿題介助 忘れ物点検いつまで~~?

 小学2年の男児がいます。朝、目覚まし時計が鳴っても、自分では起きません。

 宿題も字が汚かったり、解答が抜けていたり。学校への持ち物も、忘れ物がないか私が一緒に点検しています。自立させたくても、学校で先生に叱られるかと思うと、どうしても私が管理しなければと考えてしまいます。先輩のお母様、子どもをいつどのようなタイミングで自立させましたか?(chikichiki)


 ※トピは⇒こちら


[レス]小3から自己責任に/少しずつ手を離す/先生は叱らない/褒めて怒ってしつける

■同じです

  • イラスト・山崎のぶこ
    イラスト・山崎のぶこ

 小4の息子の母ですが、毎朝、「あと○分で家出るよ!」の連呼です。共働きで私学なので、午前7時過ぎには親子で電車に乗る毎日。忘れ物をしても取りに戻れないので、小3の頃から「自己責任」と割り切るようになりました。ただ、宿題だけは内申点につながるので親がチェックしています。(らら)


■2年男子

 小2男子の息子も幼稚園の時はだめでした。でも私がかなりうっかり者で、「お母さんは自信ないから任せたよ」と常々言っていたら、「自分が頑張るしかない」と思ったのか、しっかりしてきました。提出物へのサインを自分からもらいにくることも。自覚はとても大事です。(みさき)


■母親なら主様くらいの感覚がちょうどいい

 自分のやり方に全く疑いを持たないのも良くないし、「過保護かも?」と感じ、無理やり頑張らせるのも危ないと思います。フルタイマーか専業主婦かによっても事情は変わりますが、トピ主様のような感覚でいいのでは。子どもの性格に合わせて親は気付きを促していくしかないですよね。理想に近づけようと、親子で無理をするのが一番の弊害です。(夏の大三角)


■痛い目を

 痛い目を見ないと、いつまでも変わらないと思いますよ。先生に叱られるのもいい経験です。うちも男の子ですが、一緒に持ち物を用意したのは入学直後だけでした。宿題はもうしばらくチェックするにしても、少しずつ手を離さないとね。(匿名希望)


■何もしない

 忘れ物をして困るのは本人なのだから、自分が気をつければいいのです。我が家では「なぜ忘れ物をしたのかを反省し、再びしないよう考えなさい」と言っています。私の母も手助けをしない人だったので、それが普通だと思っていました。(二児の母)


■時代が違う

 今は、よっぽどやる気のある先生以外、叱ってなんてくれませんよ~。昔は先生に叱られて子どもが反省していましたが、今は忘れ物の有無についても「親がきちんと確認してください」と言われます。(ナミコ)


■けっこう手をかけてました

 こういうことは子どもの個性によって、千差万別だと思うので、正解があるわけじゃない。うちの息子の場合、一人で朝起きるようになったのは中3の終わり頃。宿題も小学校低学年頃までは厳しくチェックし、嫌がっても言い聞かせてやらせました。本人が失敗をかっこうわるいと感じる子ならいいですが、そうでなければいつまでも変わりません。家庭で褒めたり叱ったりしながらしつけるのが一番いいと思います。(甘いかな?)


■出来るまで、ずっと笑

 親が考える最低限のことが出来るようになるまでは、付き合ってあげてください。私は子どもが小4の頃には「もういいだろう」と任せてしまいました。たまに忘れ物もあるようですが、小6の今では「時間、大丈夫?」の一言だけです。でも小2では全然無理でしたよ。(みやん)

失敗してもやらせて

 「子どもが一週間で変わる親のこの一言』」などの著書がある教育カウンセラー、波多野ミキさんの話「いつまでも手伝い続けると、子どもは寝坊や忘れ物を母親のせいにするようになります。ひいては全て人のせいにする、自分の責任を感じない大人になってしまう可能性もあります。小2ならまだ間に合います。失敗してもいいから、自分でやる癖をつけさせましょう。まずはお母さんが子離れすることが大事です」