ミカンの缶詰のシロップ飲みますか?

 ミカンの缶詰を使った後、残ったシロップを飲んでいるという男性からの投稿が、発言小町に寄せられました。

 余ったシロップはコップなどに入れて冷蔵庫にとっておき、風呂上がりに飲んでいるというトピ主の「栄次郎」さん一家。奥さんが会社でその話をしたところ、その場にいた全員からシロップは捨てていると聞いて、ショックを受けたそうです。

 ツイッターでアンケートをとったところ、「飲む」が45%、「飲まない」が39%で、飲む派が少し優勢でした。「別の使い方をする」人も16%いました。

 発言小町に「もちろん飲みますゴクゴクと!あんな美味(おい)しいもの捨てません!」というレスをくれたのは「なお」さん。「おんせん」さんは、甘いものは普段は食べないし、ほかの缶詰のシロップは飲みませんが、みかんの缶詰のシロップは飲むそう。「おんせん」さんにとっては「特別なおやつ」なのだとか。

 届いたレスを見ると、色々とアレンジして飲んだり食べたりしている人が多い印象でした。「ゲスの極みおばさん」さんは、「シロップをアイスティーや無糖炭酸水で割って飲んだり、酢豚や煮物にも使ったりします」と教えてくれました。このほか、ゼリーを作ったり、ヨーグルトに混ぜたりしているというレスもありました。

 「果肉もシロップも一緒に凍らせて、スプーンでシャカシャカ砕いて食べるとおいしい」と教えてくれたのは「なんでぇ」さん。冷凍時間を短くして、シャーベットのようにするのがおすすめだそうです。想像するだけでおいしそうです。

 

 一方で、「モチロン、捨ててます」と答えたのは「にゃお」さん。「ももかん」さんも「飲むという発想がなかった」とショックを受けていました。「とみー」さんは、子供の頃は飲んでいたけれど、大人になってからは甘すぎて体に悪そうな気がして飲まなくなったそうです。飲まない派の人たちの多くは、「糖分を過剰に摂取してしまうのではないか」と心配しているようです。

 「国産」さんは、このトピに触発されて、初めてシロップを飲んでみたそう。「甘くて酸っぱくて、罪悪感と背徳感と高揚感があり、なぜだかちょっと笑えてくる味で、飲みたくなる気持ちに共感することができました」と感想を寄せてくれました。

 飲み過ぎは良くないけれど、それでも飲みたくなる。使い道もいろいろあって、そのまま捨ててしまうのは確かにもったいないかもしれませんね。

 「みかんの缶詰のシロップ飲みますか(駄)」(トピ主:「栄次郎」さん)のURLはこちら