連載「読解力が危ない」

読解力が危ない(6)~新たな指導法 世界が模索

  • 写真はイメージです
    写真はイメージです

 フィンランドの首都ヘルシンキの北約12キロにあるバンター市の小中一貫校カルタノンコスキ学校で1月30日、文学の歴史を学ぶ授業が行われた。

 日本の中学3年にあたる9年生約40人は3~5人のグループに分かれ、校内9か所に貼られた紙を探す。紙には詩の解釈などの質問が書かれており、生徒はスマートフォンで関連情報を検索し、話し合いながら解答を考えた。アリサ・イソコスキ教諭(31)は「情報の見極め方や多面的な物の見方を身につけさせたい」と語る。

 フィンランドは昨年8月、日本の学習指導要領にあたる「コア・カリキュラム」を刷新し、子供たちに身につけさせる七つの能力を掲げた。その一つが「マルチリテラシー(多元的読解力)」だ。本や新聞、映像、音声などの幅広い情報を理解し、論理的に説明したり、批判的に捉えたりする能力で、授業はこの向上を目指して行われた。

 フィンランドは2000年の国際学力調査で「読解力」が1位になり、各国から視察が相次いだ。だが、順位は徐々に下がり、12年調査では6位に。教育文化省のアニタ・レヒコイネン事務次官(57)は「当時はとても心配した。若者がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やゲームに夢中になり、長文に触れる機会が減った。学校も読書に重点を置かなくなっていた」と振り返る。

 そこで12年からコア・カリキュラムの改定に向け、読解力を向上させる指導法の開発に着手。学校と公立図書館の連携を強める読書活動も推進した。公立図書館は充実しており、ヘルシンキに隣接するエスポー市のエントレッセ図書館は年間予算の半分以上を児童図書の購入に充てる。本の朗読イベントなどは年間700回も開かれている。

 昨年末に公表された15年調査の結果で、同国の読解力は4位まで回復した。コア・カリキュラムの改定で、さらなる向上を目指す。

 一方、15年調査で「読解力」を含む3分野すべてが1位だったシンガポールは、共通語の英語を幼稚園から学び、小学校で論理的思考や読み書きを訓練する。小中高校の卒業時に論述試験があり、論理的な文章を書くことを求められる。教員は全員毎年100時間の研修を受け、教師力を磨く。

 同国の教育省に勤務経験がある昭和女子大のシム・チュン・キャット准教授(49)は「小中高校とも成績が悪いと進学に影響するので、必死に読解力を身につける。子供が学ばざるを得ないシステムを国が作り上げている」と説明する。

 読解力低下を受け、日本は向上策を模索中だ。子供たちの現状をしっかり把握し、効果的な対策を打ち出す必要がある。(おわり)

2017年02月21日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun