学校 モノ・風景

自由に描くのに最適…クレヨン

読売新聞教育部 伊藤史彦

 「小学3年の授業でアルミのやかんを描きました。何色も重ね塗りして金属の輝きを表現したら先生に褒められて」。横浜市金沢区、森田吉世江さん(74)の思い出だ。それから絵が面白くなり、今も趣味で描いている。

 サクラアートミュージアム(大阪市)によると、「クレヨン」はフランス語で「鉛筆」を指すが、18世紀まではチョークや木炭など棒状の画材の総称だった。顔料とろうを混ぜ合わせた今のクレヨンは、19世紀末から20世紀初めまでの間にヨーロッパで生まれたとみられる。

 日本でクレヨンが普及したのは大正時代の半ば以降。当時、小学校では、主に色鉛筆や水彩絵の具が使われていたが、芯が硬く色づきが悪い、色が薄く色彩が乏しいなどの欠点があった。

 そうした中、フランス留学を終えて帰国した洋画家の山本かなえが、1918年(大正7年)から「自由画教育」を提唱。教科書の手本を忠実に模写する従来の図画教育に対し、子どもの創造性や感性を大切に、伸び伸び描かせるべきだとする山本の主張は全国の学校関係者に受け入れられた。金子一夫・茨城大特任教授(美術教育学)は「『自由』に価値を置いた大正期の雰囲気にマッチした」と話す。

 これと相まって、紙への色づきがよく、芯を削る必要もないクレヨンは自由画に適した画材として広まり、文部省(当時)も小学校低学年向けに推奨。販売していた大阪の福井商店(現ライオン事務器)のカタログには「全国小学校に採用せられつつあり」の宣伝文句が躍った。

 ただ、当時のクレヨンは硬く、広い範囲を塗ったり、重ね塗りして違う色を出したりするのに向いていなかった。すると、大阪の桜クレィヨン商会(現サクラクレパス)が、軟らかく、塗りやすい「クレパス」(一般名称・オイルパステル)を開発、25年に発売した。

 成城学園(東京)はいち早く小学校でクレヨンを取り入れ、今はクレパスを使用。美術担当の秋山朋也教諭(38)は「発色が良く、きれいに描ける。子どもたちに自由に表現する楽しさを感じてほしい」と話している。(伊藤史彦)

 「学校 モノ・風景」では学校生活を彩るモノや行事を通し、教室や子どもの暮らしの変遷をたどります。今後「校舎」「教科書」などを取り上げます。エピソードに氏名、連絡先を添え下記の宛先へお寄せ下さい。
(氏名、電話番号などを明記し、〒100・8055 読売新聞東京本社教育部へ。ファクス03・3217・9908.メールは kyouiku@yomiuri.com )