就活スーツ 前向きに購入

  • イラスト・池田亮
    イラスト・池田亮

 就職活動で着るスーツ。おこがましいのですが、私自身が就活したときは、「スーツは着せられている感があり、自分らしさが出ない」と「就活スーツ廃止論」を唱えておりました。そんなことを口にする時点で、中身勝負の就活に背いており、今思うと甚だ恥ずかしいです。

 大学生協の調査によると、今の就活生の大半は、会社説明会が解禁される3年生の3月の少し前までにスーツを購入するようです。

 しかし、就活は冬で終わるわけではありません。面接のピークの6月になると、気候が変わってくるので、シャツなどは複数回、追加購入する学生が多いのではないでしょうか。

 買い足し自体を憂えたり、買い足したものの結局は着用せず嘆いたりする声も聞きます。しかしスーツやシャツは就活だけのものでなく、むしろ社会に出てからの必需品です。

 大学生協で案内する学生割引は、ほぼ一年中利用できます。少なくとも就活中は、割引で買えてめっけものだったな、と前向きに捉え、面接時の心持ちにプラスに作用すれば幸いに存じます。着ている時に何だか気持ちがりんと引き締まった感じがするならば、それはきっとご自身にフィットしているスーツです。就活もスーツ選びも「マッチング」が肝要ですね。(白石昌則・東洋大生協白山店長)