「働き方改革」を見極める

  • イラスト・武居智子
    イラスト・武居智子

 残業の規制や同一労働同一賃金制の実現など、「働き方改革」が話題になっています。新卒採用が売り手市場ということもあり、企業も学生の気を引こうと、社内で進む「改革」について説明し、働きやすさをアピールしたがります。

 実際、合同説明会をのぞいてみると、働きやすさを「ウリ」にしている会社の中には、怪しいケースもあります。たとえば、「必ず○時退社」とPRしていれば、疑ってみるべきです。会社が多忙な時期でも社員の退社時刻を守れるものなのか、質問してみましょう。

 一方で、各社の取り組みは現在進行中のものが多く、必ず課題がつきまとうものです。「この会社は課題を抱えているからダメだな」と即決しないでほしいと思います。

 見極めるためのコツは、志望先の会社に勤めるOB・OGを訪問したり、同業他社の社員に会ったりする際、「その会社は本気で取り組んでいるのか」「どんな成果が出ているのか」「抱えている課題は何か」など、さりげなく聞き出してみることです。

 なお、働きやすさの基準は、人によってまちまちです。残業が少ないことがいいのか、転勤がないことがいいのか、自分が優先したい点を考え、会社選びに生かすことが大切です。

プロフィル
常見陽平  (つねみ・ようへい
 千葉商科大専任講師、人材コンサルタント、著述家。リクルートから玩具メーカーに転じ、新卒採用を担当。独立後はコンサルタント活動の一方、キャリア関連の著書を多数執筆。企業の本音などをまじえながら、就活生に総合的なアドバイスを送る。