耳慣れない言葉 理解を

  • イラスト・藍原真由
    イラスト・藍原真由

 「シュタイセイってどういう意味ですか?」

 私が大学で教える自己分析の講座で、企業が選考で重視する点について説明していたところ、女子学生が質問してきました。

 経団連が毎年、会員企業に聞いている調査によると、選考で学生に求めるのは、「コミュニケーション能力」、「主体性」、「協調性」、「チャレンジ精神」などが上位を占めると話していたときでした。

 思わぬ質問を受けて一瞬驚きました。この学生には耳慣れない言葉だったのでしょう。主体性とは、人に流されるのではなく、自ら考え、行動していく態度のことです。

 私は、「協調性」も漢字で示し、「『強調性』ではなく、チームワークがとれる人の意味ですよ」と伝えました。

 自分の長所を挙げてくださいというと、「短所はわかるが、長所は挙げられない」という学生がかなりいます。

 謙虚と解釈することもできますが、社会に長所と認められる自分の特性を把握できないだけなのかもしれません。

 言葉の意味をきちんと理解すれば、どんな人物が求められているのか、そして、学生時代に磨いたほうが良い能力などが見えてきます。

プロフィル
上田晶美  (うえだ・あけみ
 キャリアコンサルタント。株式会社「ハナマルキャリア総合研究所」代表。1983年早稲田大卒。約10年間、企業で人事、広報などを経験後、94年、出産を機にキャリアコンサルタント活動を開始。就活生を個人指導するかたわら、全国各地の大学で講演を行っている。働きながら3人の子供を育ててきた経験を生かし、企業の女性活躍推進に向けた研修などでも講師を務める。