日中つなぐ 歌の懸け橋

  • コンサートのチラシを手にする程さん(長浜市で)
    コンサートのチラシを手にする程さん(長浜市で)

 ◇長浜の歌手・程さん

 中国・西安出身で長浜市在住のソプラノ歌手・程万紫ていまんしさん(47)が、同市での歌手活動25周年に感謝するコンサートを30日午後1時半から、同市内保町の浅井文化ホールで開く。オペラと雅楽を織り交ぜたプログラムで、程さんは「温かく支えてもらった長浜の地から、感謝の気持ちを届けたい」と話している。(三浦孝仁)

 

 ◇活動25周年 30日コンサート

 中国で歌手や女優をしていた程さんは、日本文化を学ぶため、1990年に来日。92年頃から同市で音楽活動を開始した。

 94年には市内でジャズバーを営んでいた男性と結婚、1男1女をもうけた。育児期間中や、夫を病気で亡くす不幸があったときに音楽から離れたこともあったが、京都市内の寺院や、母国の上海、北京で開かれたコンサートに出演するなど、活動を続けてきた。

 今回のコンサートには、程さんのほか、湖北地域で活躍する声楽家や若手演奏家らも出演する。2部構成で、第1部はオペラや龍笛などを奏でる雅楽を織り交ぜ、琵琶湖をイメージした約30分の音楽詩「神の宮」を披露する。第2部はオペラ「魔笛」を上演。程さんが夜の女王など3役を演じる。

 日中の音楽家が協力してつくるステージに、「音楽は国を超えて人の絆を結ぶことができる」と程さん。「コンサートでは、その魅力を伝えたい」と意気込んでいる。

 チケットは高校生以上3000円(当日券は500円増)、小中学生1500円。同ホールなどで取り扱っている。問い合わせはコンサート実行委(090・5130・3936)へ。