まとめ読み「NEWS通」

【まとめ】澤穂希選手引退へ…決勝点、優勝で有終の美

  • 皇后杯優勝を決め喜ぶ澤(中央)らINAC神戸イレブン(27日、等々力陸上競技場で)=三浦邦彦撮影
    皇后杯優勝を決め喜ぶ澤(中央)らINAC神戸イレブン(27日、等々力陸上競技場で)=三浦邦彦撮影

  • 皇后杯を手に笑顔の澤(右)(27日、等々力陸上競技場で)=高橋はるか撮影
    皇后杯を手に笑顔の澤(右)(27日、等々力陸上競技場で)=高橋はるか撮影

 サッカーの皇后杯全日本女子選手権決勝は27日、川崎市の等々力陸上競技場で行われ、INAC神戸レオネッサが1―0でアルビレックス新潟レディースを下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。日本女子代表(なでしこジャパン)で長年活躍し、これが現役最後の試合だったMF澤穂希(ほまれ)(37)は78分に、決勝点となるヘディングシュートを決めた。

 観客2万379人から大きな声援を受けて有終の美を飾った澤は、「最後は自分が決めて、みんなの笑顔が見たいと思っていた。悔いなく、やり切った」と笑顔を見せた。(2015年12月27日)

 なでしこジャパンで活躍し、なでしこリーグ・INAC神戸所属のMF澤穂希選手(37)が16日、今季限りで現役を引退することになりました。日本の女子サッカーを引っ張り続けた澤選手のこれまでを振り返ります。

  • ロンドン五輪・サッカー女子準々決勝の前半、ブラジルのマルタと競り合う沢穂希選手(右)=2012年8月3日撮影
    ロンドン五輪・サッカー女子準々決勝の前半、ブラジルのマルタと競り合う沢穂希選手(右)=2012年8月3日撮影
  • ロンドン五輪・サッカー女子準決勝のフランス戦前半、敵陣に攻め込む沢穂希選手=2012年8月6日撮影
    ロンドン五輪・サッカー女子準決勝のフランス戦前半、敵陣に攻め込む沢穂希選手=2012年8月6日撮影
  • サッカー・女子ワールドカップカナダ大会の決勝戦、クロスボールに飛び込む澤穂希選手(中央)=2015年7月5日撮影
    サッカー・女子ワールドカップカナダ大会の決勝戦、クロスボールに飛び込む澤穂希選手(中央)=2015年7月5日撮影

中学3年生で日本代表に

 日本サッカー協会は四日、来月三日からマレーシアで開かれる、第九回女子アジアカップ(選手権)の日程と日本代表を発表した。参加は8チームで、4チームずつの予選リーグを行い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進出する。前回準優勝の日本は香港、フィリピン、台湾と同じB組に入った。

 十八人の代表は、全員、日本リーグから選ばれた。読売ベレーザがMF高倉麻子ら五人で最多。初代表は読売ベレーザの中学三年生のMF沢穂希ら八人。(1993年11月05日)

女子ワールドカップドイツ大会で初優勝

 サッカーの第6回女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は17日、フランクフルトで決勝が行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランク4位の日本代表(なでしこジャパン)は、3大会ぶり3度目の優勝を狙った同ランク1位の米国と対戦、2―2からのPK戦を3―1で制し、6度目の出場で初優勝を果たした。FIFA主催大会で日本が優勝するのは、男女を通じて史上初めて。

 日本は、69分に先制を許したが、81分にMF宮間あやが同点ゴール。延長前半14分(通算104分)に再び勝ち越されたものの、延長後半12分(通算117分)に主将のMF沢穂希が得点してPK戦に持ち込んだ。沢は大会の最優秀選手(MVP)に選出されるとともに、通算5得点で得点王にも輝いた。(2011年07月19日)

アジア人初、FIFAの2011年女性世界最優秀選手

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、2011年の女子世界最優秀選手に、昨夏のワールドカップ(W杯)で優勝した日本代表(なでしこジャパン)主将のMF、沢穂希選手(33)(INAC)を選出した。最優秀選手がアジアから選出されたのは、男女を通じて史上初。

ロンドン五輪では銀メダル

 ロンドン五輪は9日、サッカー女子決勝で日本(なでしこジャパン)が米国に1―2で敗れ、銀メダルとなったが、女子初のメダルを獲得した。(2012年08月10日)

ワールドカップカナダ大会では連覇ならず

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は5日(日本時間6日)、決勝が行われ、世界ランキング4位の日本女子代表(なでしこジャパン)は同2位の米国に2―5で敗れ、2011年ドイツ大会に続く連覇はならず、準優勝となった。(2015年07月06日)

2015年には結婚も

  • 結婚の記者会見で報道陣から祝福の花束を受け取り、笑顔を見せる澤穂希選手=2015年8月12日撮影
    結婚の記者会見で報道陣から祝福の花束を受け取り、笑顔を見せる澤穂希選手=2015年8月12日撮影

 サッカー・なでしこリーグのINAC神戸は11日、女子日本代表(なでしこジャパン)MFの澤穂希選手(36)が8日に婚姻届を提出したと発表した。相手は30代の男性。

 澤選手はクラブを通じて「10年来の友人であり、昨年末からお付き合いをさせていただき、今年に入り結婚を意識するようになりました。私の良き理解者であり、支え合いながら明るい家庭を築いていきたい」とコメントを発表した。(2015年08月12日)

関連記事

ロンドン五輪 なでしこ「銀」(2012年08月10日)
沢、女子世界最優秀選手 アジア人で初(2012年01月10日)
なでしこ世界一 PK戦で米破る W杯 沢MVP(2011年07月19日)