熊本地震

避難生活のヒント集

 熊本地震では、多くの人が避難所での生活を余儀なくされています。家屋に問題がなくとも、電気や水道などのライフラインが寸断され、これから避難する人も出てくる可能性があります。健康面での注意、また避難生活が長引いてしまった場合、どうすればいいのか。ヒントになりそうな情報をまとめました。

【外国人向けのサイトオープン】

 熊本地震で被災した外国人を支援しようと、大阪大のチームが、熊本市の国際交流団体と連携し、ライフラインなどの情報を多言語で提供するサイトをつくりました。

 リンクはこちら

 記事はこちら

【健康面での注意】

 避難所では、感染症を防ぐためにもトイレを清潔に保つ必要があります。水のいらないトイレの使い方や、トイレを適切に管理する工夫などをまとめました。(記事はこちら

 地震の発生から1週間以上たち、避難所では感染性胃腸炎やインフルエンザなどの流行が懸念されます。体の不調があれば、早めに医師や看護師らに相談することが感染症の拡大防止につながります。(記事はこちら

 足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。(記事はこちら

 高齢者や子どもは、健康管理に人一倍注意する必要があります。持病のある高齢者は普段の薬を欠かさず飲みましょう。(記事はこちら

 長い避難生活では、健康面で注意すべきことがたくさんあります。ヨミドクターに情報をまとめました。

・被災地で1人1人ができる感染対策(ヨミドクター)

・役立つ情報まとめ(ヨミドクター)

・関連ニュース(ヨミドクター)

+日本透析医会災害時情報ネットワーク

<震災関連の医療ルネサンス>

 東日本大震災後の記事から紹介します。

・震災に遭った時(1)透析患者 水飲み過ぎ禁物(2011年3月15日)

・震災に遭った時(2)厚着して「低体温症」防ぐ(2011年3月16日)

・震災に遭った時(3)服用薬の具体名伝えて(2011年3月17日)

・震災に遭った時(4)救命まず心臓マッサージ(2011年3月18日)

・震災に遭った時(6)心のケア「聞き取り」慎重に(2011年3月22日)

おむつとお風呂

  • レジ袋を使ったおむつの作り方。切り開いて広げ、さらしやタオルなどで給水させる(NPO法人「だっことおんぶの研究所」提供) 
    レジ袋を使ったおむつの作り方。切り開いて広げ、さらしやタオルなどで給水させる(NPO法人「だっことおんぶの研究所」提供) 

 赤ちゃん連れの避難で紙おむつが足りないときは、レジ袋とタオルなどで代用できます。NPO法人「だっことおんぶの研究所」によるおむつの作り方など、「毎日持ち歩いているもの」を、いざというときに活用できるアイデアをご紹介します。(記事はこちら

 避難生活で困るのは衛生面です。普段はタオルで体を拭く程度になりますが、「お風呂に入りたい」という時は、銭湯などが利用できないか調べてみましょう。熊本県公衆浴場業生活衛生同業組合は、県内の銭湯の営業状況をまとめています。被災者向けに無料の入浴支援を行っています。

+熊本銭湯

 東京都は、都民向けに作った防災ブック「東京防災」を無料公開しています。東京仕様の防災ブックですが、避難所での生活の心得や食器の作り方、少ない水で清潔を保つ方法などの情報が載っています。見てみるとヒントがあるかもしれません。

+東京防災 東京都防災ホームページ

【避難所、炊き出し、支援物資などの情報】

 最寄の避難所はどこにあるのか、受け入れ人数はどれくらいなのかを確認しましょう。避難する場合、見通しの悪い夜間は避けた方が無難ですが、土砂崩れのおそれなどがある場合には、注意して避難してください。

+グーグル熊本地震リソースマップ(Google クライシスレスポンス)

 スーパー営業情報、炊き出し、給水所などの情報。

+避難所マップ(熊本県)(Yahoo!天気・災害)
+避難所マップ(大分県)(Yahoo!天気・災害)
 各県の避難所一覧が載っています。地図や住所、地名などから避難所が検索できます。

  • 避難所となる体育館に設置された間仕切り(24日午前、熊本市中央区の帯山西小で)=清水健司撮影
    避難所となる体育館に設置された間仕切り(24日午前、熊本市中央区の帯山西小で)=清水健司撮影
  • 割り当てられたテントに布団を運び込む男性。車中泊は9日間続き、「今夜は足を伸ばしてゆっくり寝られます」と笑顔で話した(24日午後3時56分、熊本県益城町で)=清水健司撮影
    割り当てられたテントに布団を運び込む男性。車中泊は9日間続き、「今夜は足を伸ばしてゆっくり寝られます」と笑顔で話した(24日午後3時56分、熊本県益城町で)=清水健司撮影

プライバシー確保、小学校体育館に間仕切り

 約200人が身を寄せている熊本市中央区の帯山西小体育館に24日、簡易間仕切りを使った2メートル四方の「個室」60室が作られた。プライバシー確保などが目的で、避難所を運営する自治会が持病の有無などを考慮して入居者を決め、28日から活用する。(記事はこちら

「足伸ばして眠れる」…野口健さんがテント提供

 地震で甚大な被害を受けた熊本県益城(ましき)町の町総合運動公園で24日、被災者向けにテント約100張りが設置された。車中泊を続ける人たちの負担を減らそうと、アルピニストの野口健さん(42)が提供した。(記事はこちら

携帯の充電サービス

 とりあえず避難をすると、気になるのが「この先どうなるのか」。被害や支援の状況など、様々な情報を得るのに携帯電話やスマートフォンなどを活用することが多いでしょう。友達との連絡も、不安を和らげる手段になります。もし充電アダプターを持っていなくても、携帯電話各社が避難所で無料の充電サービスを提供しています。無線LANの無料開放も行っています。

+NTTドコモ

+au

+ソフトバンク

お金を引き出すには

 地震で通帳や印鑑を紛失していても、運転免許証などで本人確認ができれば、銀行でお金を引き出せることがあります。ローンや融資など、支援制度の案内もまとめました。

熊本県内の金融機関

熊本銀行…本人確認で引き出し可
肥後銀行…本人確認で20万円まで引き出し可
熊本第一信用金庫…本人確認で20万円まで引き出し可(PDF)
熊本中央信用金庫…本人確認で20万円まで引き出し可(PDF)
熊本信用金庫…本人確認で20万円まで引き出し可(PDF)
天草信用金庫…本人確認で引き出し可(PDF)

九州地方の銀行

福岡銀行…本人確認で引き出し可
北九州銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり(PDF)
西日本シティ銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり
長崎銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり
十八銀行…本人確認で引き出し可
親和銀行…本人確認で引き出し可
大分銀行…相談ダイヤルあり
豊和銀行…本人確認で引き出し可(PDF)
宮崎銀行…相談ダイヤルあり(PDF)
鹿児島銀行…本人確認で引き出し可・相談窓口あり
南日本銀行…本人確認で引き出し可(PDF)

都市銀行・ゆうちょ

みずほ銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり(PDF)
りそな銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり
三菱東京UFJ銀行…本人確認で引き出し可・支援制度あり(PDF)
ゆうちょ銀行…本人確認で20万円まで引き出し可

【インフラ・天気】

 生活インフラや天気の状況などを確認しましょう。テレビやラジオ、新聞、インターネットなどで正しい情報を手に入れることが大事です。

停電情報

  • 九州電力の停電情報ページ
    九州電力の停電情報ページ

+九州電力 停電情報

 停電の状況がわかります。県名や市町村名をクリックすると、詳しい情報を見ることができます。

交通情報

→九州の運行情報 ヨミウリ・オンライン交通情報

天気情報

→九州の天気 ヨミウリ・オンライン天気

役に立つ関連記事

・震災避難で意外に役立つあのグッズ

・災害時の通信、ネット情報源まとめ

・熊本地震まとめページ…発生からの経過

・新たな地震に備えて今できること

【関係機関】

熊本県防災情報ホームページ
熊本地方気象台
大分地方気象台
熊本県ホームページ(公共交通機関等へのリンク)
大分県ホームページ(おおいた防災ポータル)
熊本県警
熊本市
益城町
玉名市
西原村
宇城市
菊池市
宇土市
嘉島町
合志市
大津町
南阿蘇村
九州電力
JR九州
国土交通省地方整備局熊本河川国道事務所

 <「くまモン」を使った漫画家たちのツイッターでの応援メッセージ>