トピックス国際

羊飼いが居眠りをした結果……

メディア局編集部
  • 映像提供:スペイン・ウエスカ地方警察(写真をクリックすると動画が再生されます)
    映像提供:スペイン・ウエスカ地方警察(写真をクリックすると動画が再生されます)

 スペイン北東部のウエスカで、羊飼いが居眠りしている間に、約1300頭の羊が待機していた空き地から逃げ出し、大通りを占拠するという事件が起きた。

 事件が起きたのは今月7日未明。午前4時11分、住民から「羊の大群が大通りを歩き回っている」との通報が警察にあった。警察は現場に急行するとともに、羊飼いを探した。

 警察が羊飼いを探し当てた時、羊飼いはまだ寝ていて、羊が逃げ出したことに気付いていなかったという。

 羊の大群が通りを占拠した映像はインターネット上で公開され、視聴者から「羊飼いは羊を数えながら寝てしまったのかもね」といったコメントが寄せられている。

 この羊の群れは、警察と羊飼いによって無事、元の空き地に戻された。

 羊は夏を前にピレネー山中の放牧地に向かって大移動の最中だった。ウエスカの市街地を通過する際は警察が付き添い、交通整理をすることになっていて、午前7時までは市街地の外で待機する約束だった。

 羊は市街地の入り口にある車検場わきの空き地で待機していたが、羊飼いが寝てしまったため、勝手に移動を始めてしまったらしい。

 羊の群れは予定通り午前7時、今度は警察に見守られながらウエスカを通過し、ピレネーに向かった。

 【あわせて読みたい】

 ・ブタとオオカミの立場逆転!売り切れ続出の絵本とは

 ・もううんざり!ストレス減らす通勤電車の作法とは

 ・眠り猫、三猿40年ぶりお色直しへ…日光東照宮

 ・わかっていたけど「昼寝長い子は夜更かし」証明

 ・健康も業務のうち?~企業に広がる「健康経営」