まとめ読み「NEWS通」

韓国大統領選2017~保守不在の2強対決

 朴槿恵前大統領の罷免に伴う韓国大統領選は、5月9日の投開票に向けた選挙戦が公式にスタートしました。左派「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表(64)と中道左派「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)前代表(55)の「2強対決」を軸に展開する見通しです。北朝鮮政策や最新鋭ミサイル防衛システム(THAAD)の配備、日韓慰安婦合意など、日本にも影響を及ぼす議論がされることになりそうです。大統領選のポイントや、これまでの経過をまとめました。

  • 17日、韓国南部・大邱で遊説を行う文在寅氏(中島健太郎撮影)
    17日、韓国南部・大邱で遊説を行う文在寅氏(中島健太郎撮影)
  • 17日、ソウルで選挙運動に臨み、支持者と握手する安哲秀氏(AP)
    17日、ソウルで選挙運動に臨み、支持者と握手する安哲秀氏(AP)

最新ニュースまとめ

THAAD始動「数日内」 アメリカが韓国に搬入(4月27日)

 在韓米軍は26日、最新鋭ミサイル防衛システム「THAAD」の迎撃ミサイル発射台やレーダーなどの主要装備を韓国南部・星州(ソンジュ)の配備予定地に搬入した。ハリー・ハリス米太平洋軍司令官は同日の米下院軍事委員会の公聴会で、THAADが数日内に運用可能となることを明らかにした。米軍が配備を急ぐ背景には、北朝鮮による弾道ミサイル発射などの挑発が続いていることに加え、韓国大統領選でTHAAD配備に否定的な左派政権が誕生する前に主要装備の搬入を終えたいという思惑もある。

 世論調査の支持率トップの左派「共に民主党」の文在寅前代表は26日、装備の搬入について「大統領選前に強行することではない」と批判した。

文氏の「北朝鮮観」に批判 テレビ討論会(4月23日)

 韓国大統領選)の主要政党5候補によるテレビ討論会が23日夜、行われた。北朝鮮の挑発が続く中、支持率トップの左派「共に民主党」の文在寅前代表の融和的な「対北朝鮮観」が保守系候補から激しい批判を受けた。

 文氏をめぐっては、左派の盧武鉉(ノムヒョン)政権で秘書室長だった2007年、韓国政府が国連北朝鮮人権決議案の採決を棄権した際、事前に北朝鮮の意向を聞くよう提案したという疑惑を宋旻淳(ソンミンスン)外交通商相(当時)が昨年出版した回顧録で指摘。文氏が北朝鮮の意向を韓国外交に反映させたのではないかと批判を受けている。討論会で、保守系の「正しい政党」の劉承旻(ユスンミン)候補(59)は文氏に対し、「北朝鮮の人権という重要な問題についてうそをついているのなら、候補の資格はない」と追及した。これに対し、文氏は「(疑惑は)事実ではない」と主張した。

文在寅氏と安哲秀氏 左派の2強が舌戦(4月17日)

 文氏は17日午前、朴前大統領の地盤でもあった保守の牙城、南東部・大邱(テグ)に乗り込み「国民の大統領になりたい。不正腐敗と政経癒着を根絶やしにする」と訴え、遊説をスタートさせた。安氏は17日朝にソウル中心部の光化門広場で「誰が改革の責任者なのか、未来をつくる指導者なのかを選択してほしい」と支持を求めた。17日付中央日報の世論調査(15~16日実施)によると、文氏の支持率が38・5%、安氏が37・3%。

文氏、THAAD容認 情勢緊迫 現実路線に(4月14日)

 韓国大統領選に向け、「安保」が重要な争点として急浮上している。挑発を続ける北朝鮮に対し、米国が空母派遣などの強硬姿勢を見せて緊張が高まる中、勝敗のカギを握る中道保守層の有権者が各候補の安保観を重視しているためだ。北朝鮮に融和的な発言を繰り返してきた左派「共に民主党」の文前代表(64)も、現実路線に転換しようとしている。

 「北朝鮮にはっきりと警告する。私たちの忍耐にも限界がある。韓国軍は北朝鮮に再起不能の打撃を加える圧倒的戦力を保有している」。文氏は、11日に急きょ開かれた安保問題に関する党の会合で異例の強硬発言を披露した。朴槿恵政権が進めた在韓米軍への最新鋭ミサイル防衛システム「最終段階高高度地域防衛(THAAD)」の配備について、文氏はこれまでの否定的な態度を一変させ、「北朝鮮が核による挑発を続け、中国が北朝鮮を抑止できないのなら、配備は不可避だ」と述べた。

主な候補者プロフィル

 
文在寅(ムン・ジェイン)氏
 共に民主党前代表。1953年、慶尚南道(キョンサンナムド)・巨済(コジェ)生まれ。慶熙(キョンヒ)大卒。人権派弁護士として盧武鉉(ノムヒョン)元大統領とともに活動。盧政権で大統領府秘書室長。2012年大統領選で、朴槿恵(パククネ)前大統領に僅差で敗れた。

 
安哲秀(アン・チョルス)氏
 国民の党前代表。1962年、釜山(プサン)市生まれ。ソウル大院修了、医学博士。情報技術(IT)企業家。2012年大統領選では、告示直前に最大野党・民主統合党(現・共に民主党)の文在寅(ムンジェイン)候補に一本化するため立候補を断念した(写真はAP)

選挙の争点