まとめ読み「NEWS通」

森友学園問題…大阪府が籠池前理事長を告訴へ

 学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が鑑定評価額を大幅に下回る価格で売却された問題で、大阪府は5月17日、同法人が専従職員の数に応じて支給される府の補助金約6108万円を不正に受給していたとして、学園に同額の返還を命じました。また、学園の籠池(かごいけ)泰典・前理事長を、詐欺容疑で今週中にも大阪地検に告訴する方針を明らかにしました。問題の経緯をまとめました。

  • 小学校建設現場で報道陣に持論を展開する学校法人「森友学園」の籠池泰典氏(3月9日)
    小学校建設現場で報道陣に持論を展開する学校法人「森友学園」の籠池泰典氏(3月9日)

籠池前理事長を詐欺容疑で告訴へ…補助金返還も(5月17日)

 大阪府は17日、学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が、塚本幼稚園の専従教員らの勤務実態を偽るなどして、府の補助金約6108万円を不正に受給していたとして、学園に同額の返還を命じた。また、学園の籠池泰典・前理事長を、詐欺容疑で今週中にも大阪地検に告訴する方針を明らかにした。

 府が同日公表した調査結果によると、同学園は2011~16年度、専従教職員の数に応じて支給される「運営費補助金」延べ72人分を申請、計約2億1446万円が学園に支給された。府が給与台帳などの資料の検証や教員らへの聞き取りを行った結果、延べ25人分の約3442万円を不正受給と判断。うち延べ14人は給与の支払いを確認できず、幼稚園に勤めていなかった可能性がある。また、園長だった籠池氏や副園長だった妻を含む延べ9人は、関連団体が運営する保育園の職員を兼ねていた。

森友保育園に保育士不足で異例の事業停止命令へ(5月11日)

 学校法人「森友学園」系列の「高等森友学園保育園」(大阪市淀川区)の保育士数が大阪市の規定を下回っている問題で、吉村洋文市長は11日、児童福祉法に基づく事業停止命令を7月1日付で同園側に出し、休園させる考えを明らかにした。

 厚生労働省によると、保育士不足による事業停止命令は極めて異例。同園側に弁明の機会を設けたうえで、有識者による審議会の意見を聞き、最終決定する。

 吉村市長は、事業停止命令を出しても改善されなければ、保育園の認可取り消しに踏み切る可能性にも言及。市は11日夜に保護者説明会を開いて休園の見通しを伝え、特例で優先的な入園を認める転園先を紹介した。

 同園は森友学園の籠池泰典・前理事長が代表の社会福祉法人が運営。0~5歳の計42人が在籍し、市の規定で6人以上の常勤保育士が必要だが、相次ぐ退職で、現在は非常勤の保育士3人だけになっている。

「特例」発言は財務省室長(5月9日)

 財務省の佐川宣寿理財局長は8日の衆院予算委員会で、籠池泰典・前理事長が公表していた音声記録は同省担当者との面会時のやり取りだったと認めた。

 面会は2016年3月15日に籠池氏と妻が同省を訪れた際、田村嘉啓・国有財産審理室長との間で行われた。籠池氏は4月28日の民進党の聞き取りに音声記録を公表し、この中で田村氏は学園側と協議していた国有地の定期借地契約を「特例」と表現していた。

 佐川氏はこの日の質疑で、「本人に聞くと、『当日のやり取りを記録したものと思われる』とのことだった」と語った。これに対し、民進党の福島伸享氏は「なぜ特例が認められたのか。多くの人が不思議に思う」と訴えた。財務省の姿勢については、「今までのような情報開示のあり方では(売却の経緯が)分からない。議論すればするほど謎が深まる」と批判した。

昭恵氏の名前出し、財務省側と交渉(4月28日)

  • 民進党の会合で発言する森友学園の籠池泰典・前理事長(28日午前、国会内で)
    民進党の会合で発言する森友学園の籠池泰典・前理事長(28日午前、国会内で)

 籠池前理事長は28日午前、国会内で開かれた民進党の会合に出席し、2016年3月に財務省の幹部と面会した際、学園との借地契約が「特例」と言われていたことを明らかにした。安倍昭恵・首相夫人とも頻繁に連絡を取り合っていたとし、昭恵氏の名前を出して同省側と交渉したとも説明した。

 籠池氏が国会内でこの問題について語るのは、国会の証人喚問に出席した3月23日以来で、会合は公開で行われた。籠池氏は妻の諄子(じゅんこ)氏とともに16年3月15日に財務省を訪問した際、田村嘉啓・理財局国有財産審理室長らとの会話を隠し録音しており、民進党議員からの聞き取りは、書き起こした音声記録のペーパーをもとに進められた。

大阪府が森友学園運営の幼稚園に立ち入り調査(3月31日)

  • 幼稚園の調査に入る大阪府私学課の担当者ら(3月31日午前、大阪市淀川区で)
    幼稚園の調査に入る大阪府私学課の担当者ら(3月31日午前、大阪市淀川区で)

 学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)が補助金支給の要件を満たしているかを確かめるため、大阪府は31日、同幼稚園の立ち入り調査を行った。

 大阪市も同日午後、関連団体の保育園の調査を始めた。調査では、学園理事長の退任を表明した籠池(かごいけ)泰典氏から事情を聞いた。

 府は、専従の教職員1人当たり約180万円を幼稚園に補助しており、2015年度は塚本幼稚園に約4000万円を支給。しかし、副園長を務める籠池氏の妻は、関連の社会福祉法人が運営する「高等森友学園保育園」(同区)の園長も兼ねている。専従ではない可能性があることから、府は勤務実態を調べた。

籠池氏「神のみぞ知る」…首相側との食い違い(3月24日)

 衆参両院の予算委員会は23日、学園理事長退任を表明した籠池泰典氏を証人喚問した。籠池氏は国有地の借地契約に関し、安倍昭恵・首相夫人に相談し、昭恵氏側が財務省に問い合わせた結果をファクスで受け取ったと述べた。また、籠池氏は昭恵氏から100万円の寄付を受けたと改めて主張した。

 証人喚問を終えた籠池泰典氏は、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見を行い、「国有地の値下げの経緯を明らかにするため、私だけ『トカゲのしっぽ切り』をするのではなく、他の関係者を呼んで真相究明を進めてほしい」と要望した。

首相が答弁「私も妻も事務所も関与していない」(3月24日)

 安倍首相は24日午前の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」(大阪市)の問題をめぐり、首相自身と昭恵夫人が国有地の売却や小学校の設置認可に関与していないことを改めて説明した。売却交渉当時の財務省幹部2人が参考人として出席し、政治的な関与や配慮はなかったことを明言した。

昭恵氏が証言に反論(3月23日)

フェイスブックで反論…職員退出も否定

 昭恵氏は23日夜、自身のフェイスブック(FB)に籠池氏の証言を否定するコメントを掲載した。

昭恵氏「謝礼頂いた記憶ない」…発覚後にメール(3月24日)

 昭恵夫人と籠池氏の妻が問題発覚後に交わしたメールの全容が23日、明らかになった。籠池氏の妻が2月25日、学園の幼稚園にある昭恵氏の写真を外すよう、自民党から迫られた――とのメールを送信したのに対し、昭恵氏は「私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように、細心の注意を払わなくてはならないということだったのでしょう」と返信した。

松井知事「首相は忖度あったと認めるべきだ」(3月25日)

  • 衆院予算委員会の証人喚問で質問に答える籠池氏(3月23日)
    衆院予算委員会の証人喚問で質問に答える籠池氏(3月23日)

 日本維新の会の松井代表(大阪府知事)は25日の党常任役員会で、「安倍首相は(財務省などの)忖度(そんたく)があったという事実を認めるべきだ」と指摘した。松井氏は「森友学園の件は早期に終結させ、国会で日本の課題を解決する建設的な議論を進めてほしい」とした上で、「国民が一番わからない点に首相は答えていない。忖度は社会通念上あり、それをないと強弁するからメディアも取り上げる。忖度はあるが、違法な忖度はないとはっきり言うべきだ」と主張した。

籠池氏の偽証罪告発、与党が視野に…野党は慎重(3月26日)

 与党は、証人喚問された学園の籠池氏の証言について、真偽の検証を進めている。虚偽と判断した場合は偽証罪での告発も視野に入れる。国会の告発には重い責任が伴うため、全会一致で決めるのが通例だが、野党は籠池氏の証言をもとに政権への追及を強めており、実現のハードルは高い。

 自民党が問題視しているのは、籠池氏が「安倍晋三記念小学校」の名称で寄付金を集めていた期間だ。籠池氏は、安倍首相が2012年12月に政権に返り咲く前の「衆院議員の時期の一瞬」と証言したが、自民党は15年頃まで首相の名を利用したとみている。首相は24日の参院予算委員会で、「私の名前を使ったのは『ほんの一瞬』と証言していたが、調べてみると2年以上は使っていた。大変遺憾だ」と述べた。