五輪施設費、テスト大会だけで51億円…6道県

 2020年東京五輪・パラリンピックを巡る開催費用の分担問題で、大会組織委員会が6道県に示した施設整備費の試算437億4000万円のうち、約51億円が「テスト大会」の費用であることが17日、分かった。

 国と東京都、組織委は、テスト大会の規模簡素化などを中心に、施設の費用削減を進めている。

 当初計画である「立候補ファイル」によると、テスト大会は東京大会の1年前から一定期間、競技ごとに実施するイベントで、五輪本番の競技会場を利用する。関係者によると、国際オリンピック委員会(IOC)もテスト大会が高額だとして削減を求めている。

 組織委の担当者は17日、施設整備の試算が明らかになったことについて、「作業チームを作って6道県とどういう施設が必要かを協議している」と話した。

2017年02月17日 18時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun