小6自殺見舞金訴訟、2800万円支払いで和解

 群馬県桐生市で2010年10月、市立新里東小6年の上村明子さん(当時12歳)が自殺したのは学校でのいじめが原因だとして、母親(47)が、災害共済給付制度を運営する独立行政法人「日本スポーツ振興センター」に、死亡見舞金2800万円の支払いを求めた訴訟は17日、東京高裁(河野清孝裁判長)で和解が成立した。

 原告、被告双方の代理人弁護士によると、同センターが2800万円を支払う。

 訴訟では、上村さんの母親が、同級生らによるいじめや教諭らの対応が自殺の主な原因だとして、「見舞金支給の条件である学校管理下の災害に当たる」と主張。昨年10月の1審・宇都宮地裁判決は、母親の主張を認め、同センターに死亡見舞金2800万円の支払いを命じていた。

2017年02月17日 18時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun