世界らん展閉幕…3000種、10万株を展示

 東京ドーム(東京都文京区)で開かれていた「世界らん展日本大賞2017」(読売新聞社、NHKなど主催)が17日、閉幕した。

 27回目の今回は、宝塚歌劇団が監修した巨大な入場門「オーキッド・ゲート」などが注目を集めた。7日間の会期中、世界19か国・地域の約3000種、約10万株のランが展示された。

2017年02月17日 18時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun