シンガポール男性に無罪…覚醒剤密輸差し戻し審

 覚醒剤を密輸したとして、覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)などに問われたシンガポール国籍の男性(68)に対する差し戻し審の裁判員裁判で、東京地裁は17日、無罪(求刑・懲役12年、罰金700万円)とする判決を言い渡した。

 大野勝則裁判長は「男性が覚醒剤を含む違法薬物を密輸したと認識していたとは言えない」と述べた。

 男性は2013年9月、覚醒剤約9・4キロが隠されたキャリーケース1個をインドからシンガポール経由で羽田空港に密輸したとして起訴された。公判で弁護側は「違法薬物と知らなかった」と主張。判決は、男性が過去10回、今回と同じ知人に頼まれて荷物を運搬した際には問題なく入国していたことなどを踏まえ、「認識があった」とする検察側主張を退けた。

(ここまで323文字 / 残り80文字)
2017年02月17日 21時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ