撮り鉄運転士、ICカード2枚でキセル繰り返す

 つくばエクスプレスを運行する首都圏新都市鉄道(東京)は17日、JR東日本の在来線でキセル乗車を繰り返したとして、20歳代の男性運転士を諭旨解雇としたと発表した。

 同鉄道によると、運転士は2015年4月頃から、交通系ICカード2枚を使う手口でキセルを始めた。1枚目のカードで改札内に入り、目的駅の手前の駅では、改札内から腕を伸ばし、別のカードで入場を記録。目的駅の改札を通る際はそのカードを使い、短い区間を乗ったように偽装していた。趣味の鉄道写真を撮りに行くため、これまでに50~60回ほど繰り返していたという。

 JR北千住駅で1月、不審に思った駅員から指摘され発覚した。

2017年02月18日 09時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun