テレ朝「きりたんぽ」秋田県抗議でタイトル変更

 テレビ朝日が4月から放送を予定していた連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」について、秋田県が特産品の「きりたんぽ」のイメージを損なうとしてタイトル変更を申し入れていた問題で、同局が内容を変更し、「サヨナラ、えなりくん」のタイトルで放送することが21日、わかった。

 初回は30日。

 ドラマはもともと、AKB48の渡辺麻友さん演じる主人公が最低な男たちを成敗する内容で、番組ホームページに戦前の猟奇的な事件「阿部定事件」を想起させる表現があったため、県が抗議していた。同局は県に謝罪し、新たにえなりかずきさんを起用するなど、設定を大幅に変えたという。