逗子市議、強制わいせつ罪で在宅起訴

 同僚の女性議員にわいせつな行為をしたとして、神奈川県逗子市の毛呂もろ武史市議(49)が20日、強制わいせつ罪で横浜地裁に在宅起訴されたことが、横浜地検への取材で分かった。

 起訴状などによると、毛呂市議は昨年3月23日、逗子市内のカラオケ店で、女性市議にわいせつな行為をしたとされる。

 女性市議によると、2人きりになった時にキスされたという。女性市議は強制わいせつ容疑で刑事告訴し、逗子署は昨年9月、横浜地検横須賀支部に同容疑で書類送検していた。

 毛呂市議は21日、読売新聞の取材に対し、「事実無根なので、裁判で徹底的に真実を明らかにしたい」と述べた。