広島で67歳強殺容疑、手配の36歳おい逮捕

 広島市安佐北区の民家で住人のアルバイト笹井徹さん(67)が殺害された事件で、広島県警は19日、強盗殺人容疑で指名手配していた笹井さんのおいで住所不定、無職笹井政輝容疑者(36)を逮捕した。

 「何も言うことはない」と供述しているという。

 発表などでは、政輝容疑者は今月9日頃、知人の男と共謀し、笹井さん方で、笹井さんの頭や胸を刃物で突き刺すなどして殺害し、乗用車を奪った疑い。

 捜査関係者によると、知人の男が事件後、滋賀県警に出頭し、笹井さんの殺害を認める趣旨の供述をしたため、連絡を受けた広島県警が13日、笹井さん方を訪ねて事件が発覚した。

 奪われた車は同日、富山市内で見つかり、同県警は政輝容疑者を指名手配。19日、大津市内の知人女性宅で発見した。一方、知人の男は別の窃盗事件で滋賀県警に逮捕されており、広島県警は20日にも身柄の引き渡しを受け、逮捕する方針。