大阪地検、森友学園を捜索…補助金詐取容疑で

  • 学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園に入る大阪地検の係官(19日午後7時17分、大阪市淀川区で)=金沢修撮影
    学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園に入る大阪地検の係官(19日午後7時17分、大阪市淀川区で)=金沢修撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が大阪府や国の補助金を不正受給したとされる問題で、大阪地検特捜部は19日夜、詐欺と補助金適正化法違反の容疑で、学園の事務所がある「塚本幼稚園」や、籠池かごいけ泰典・前理事長(64)の自宅など関係先の捜索を始めた。

 特捜部は、押収した資料を分析するとともに、籠池氏らから事情を聞き、刑事責任追及に向けて詰めの捜査を行う。

 籠池氏は、塚本幼稚園で専従教員数などに応じて支給される補助金計約6200万円を不正受給したとして府から詐欺容疑で告訴され、特捜部が受理している。

 また、森友学園は昨年6月、国の鑑定評価額を大幅に下回る1億3400万円で大阪府豊中市の国有地を購入し、小学校建設を進めていたが、施工業者との間で工事費を水増しした契約書を作成。これを国に提出して補助金約5600万円を不正に受給したとして、籠池氏は補助金適正化法違反容疑でも告発されている。

(ここまで398文字 / 残り79文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ