おもちゃの銃で組長らが組長脅す…発砲音も数回

 名古屋市港区で昨年12月、山口組の主要団体「弘道会」系の暴力団組長(46)をおもちゃの銃で脅したとして、愛知県警は19日、指定暴力団「神戸山口組」傘下の暴力団組長・吉田耀一(49)(愛知県あま市)、同組員吉山政男(52)(住所不定)両容疑者を脅迫容疑で逮捕した。

 県警は、山口組と神戸山口組の対立抗争が背景にあるとみて捜査している。

 発表によると、2人は共謀し、昨年12月6日午後9時20分頃、港区錦町の路上で、吉山容疑者が弘道会系組長の数メートルの距離まで近付いておもちゃの銃を向け、発砲音を複数回鳴らして脅した疑い。2人は容疑を認めているという。

 当時、付近住民らから「発砲音がした」と110番が相次ぎ、県警は拳銃を使った殺人未遂事件の可能性もあるとして港署に捜査本部を設置。だが、現場周辺から薬きょうや弾痕は発見されず、銃はおもちゃだったと判明した。