滑走路隆起、大分空港が一時閉鎖…工事が原因か

  • 隆起の修復工事が行われた滑走路(13日午前11時2分、大分空港で)=河村輝樹撮影
    隆起の修復工事が行われた滑走路(13日午前11時2分、大分空港で)=河村輝樹撮影

 大分県国東市の大分空港で13日午前2時半頃、滑走路の一部が隆起しているのが確認され、同日午前7時から滑走路が閉鎖された。

 この影響で東京、大阪便などが始発から欠航。国土交通省大分空港事務所は、隆起した部分の修復工事を行い、同日午後0時45分に閉鎖を解除した。

 同事務所によると、12日午後10時から、滑走路の液状化防止の地盤改良工事を実施。滑走路南端から500メートル付近で、アスファルトに開けた穴に凝固剤を注入したところ想定を超えて膨張し、半径約4メートルにわたって約6センチ隆起した。工事前に滑走路の異常は確認されておらず、この工事が原因とみている。

 大分空港の滑走路は3000メートル。日本航空、全日本空輸、ソラシドエア(宮崎市)などが、東京・羽田、大阪・伊丹便などを運航している。

(ここまで345文字 / 残り194文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ