福祉送迎車内に6時間?熱中症か男性利用者死亡

 埼玉県は13日、同県上尾市戸崎の障害福祉サービス事業所「コスモス・アース」で、男性利用者(19)が送迎用のワゴン車内で死亡したと発表した。

 熱中症の疑いがあるという。

 県や事業所によると、同日朝、男性も含めて利用者計5人で送迎用のワゴン車に乗車。午前9時頃、事業所に到着した。ドライバー1人が同乗していたという。午後3時20分頃、ワゴン車の3列目の後部座席で、男性が口から泡を吹いて倒れているのを事業所の職員が発見し、119番。病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 上尾市消防本部によると、消防隊員が現場に到着した際、男性の体温は41・4度あった。事業所では「全員下車したと思っていた」と話す職員もいたという。上尾署は業務上過失致死の疑いもあるとみて原因を調べている。

(ここまで340文字 / 残り117文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ