母親の再婚相手死なす、逮捕の高3「口論に」

 父親(46)を包丁で切りつけたとして、新潟県警長岡署は15日、同県長岡市の高校3年の男子生徒(19)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 父親は死亡し、同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。

 発表によると、男子生徒は14日午後11時頃、自宅で、会社員の父親の首などを包丁で切りつけ、殺害しようとした疑い。母親から119番があり、駆けつけた長岡署員らが、1階室内で首から血を流してうつぶせで倒れている父親を発見。近くに凶器とみられる血の付いた包丁(刃渡り約18センチ)が落ちていた。

 父親は、男子生徒の母親の再婚相手という。事件直前に両親が口論になって母親が30分ほど外出し、男子生徒と父親が2人きりになっていた。調べに対し、男子生徒は「父親から自分も出て行くように言われて口論になり、殺そうとした」と容疑を認めているという。