自動操縦の誤解除で墜落…陸自調査結果

 北海道北斗市の山中に今年5月、陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が墜落し、乗員4人が死亡した事故で、陸自は13日、機長か副操縦士が誤って自動操縦装置を解除するなどした操縦ミスが原因とする調査結果を発表した。

 一定の高度を維持する自動操縦が解除されたことで高度を急速に下げ、山腹に激突したという。

 陸自によると、機内の会話の録音記録などを分析したところ、着陸に向けて管制官と交信中、機内で自動操縦が解除されていることを知らせる警告音が鳴っているのを確認。さらに地上との接近を知らせる警告音も鳴っていたが、乗員らが対応した形跡はなかった。

 自動操縦の解除ボタンは、管制官と交信する際に押すボタンのすぐ近くにあることから、陸自は、交信の際に誤って触れた可能性があると認定。また、各種の警告音に気付かず、機体の姿勢を知らせる計器の確認も不十分だったと判断した。

(ここまで374文字 / 残り193文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ