天皇陛下、皇居内の水田で稲刈り…計100株

  • 稲刈りをされる天皇陛下(13日、皇居・生物学研究所脇の苗代で)=宮内庁提供
    稲刈りをされる天皇陛下(13日、皇居・生物学研究所脇の苗代で)=宮内庁提供

 天皇陛下は13日、皇居内の水田で恒例の稲刈りをされた。

 開襟シャツとズボン姿の陛下は鎌を手にし、もち米のマンゲツモチと、うるち米のニホンマサリ計100株を丁寧に刈り取られた。作柄は「平年並み」といい、収穫した米は新嘗祭(にいなめさい)などで神前に供えられる。