スキー場を散歩の准教授、クマに顔や腕かまれる

 14日午前6時55分頃、山形県米沢市万世町刈安の「米沢スキー場」近くにあるロッジの経営者から、「宿泊客の男性がクマに襲われた」と119番があった。

 米沢署によると、襲われたのは東京都新宿区に住む大学准教授の男性(43)で、同スキー場を散歩中に顔や腕をかまれた。市内の病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 発表では、クマは体長約1メートル。男性は襲われた後、ロッジに自力で戻った。