「報酬なく辞めた後も活動拘束」元アイドル提訴

 7人組アイドルとして活動していた10~20歳代の少女ら4人が14日、報酬が支払われず、契約終了後も芸能活動を禁じられるのは不当だとして、芸能プロダクション「デートピア」(東京)を相手取り、未払い賃金計約410万円の支払いと契約解除の確認などを求めて東京地裁に提訴した。

 訴状などによると、4人は2015年7月に同社と契約を結び、同10月に7人組のアイドルグループとしてデビューした。契約には賃金(月3万8000円)から同額のレッスン費用などを差し引くとの条項があり、今年9月に脱退するまで報酬は一切なかったと主張。歩合給が支給される場合があるとの条項もあったが、CDやグッズの売り上げに貢献しても支払われず、契約は不当で解除が認められるとしている。

 また、5年間の契約終了後に2年間活動を禁じる条項もあり、原告の1人がマネジャーに辞めたいと伝えたところ、「絶対芸能やるなよ。全力で潰すぞ」と言われたとも主張している。

 提訴後に記者会見した10代の元メンバーは「辞めても拘束されるのは問題。同じような人もたくさんいると思うので状況が変わるきっかけになれば」と話した。