「無防備な児童に背後から衝突」と懲役8年判決

 集団登校中の小学生を車ではねて殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた岐阜県海津市の無職鷲見晴美被告(69)の裁判員裁判で、岐阜地裁は14日、求刑通り懲役8年の判決を言い渡した。

 鈴木芳胤よしたね裁判長は「無防備な児童に背後から衝突した行為は、一歩間違えば多数の死者を出し極めて危険で悪質」と述べた。

 判決によると、鷲見被告は昨年6月30日朝、海津市の市道で小学生の列に乗用車で突っ込み、はねられた児童9人が軽傷を負った。