飲酒事故警官、他人を身代わりに…同僚に口止め

 飲酒運転で事故を起こした後、身代わりに他人を運転者としたなどとして、大阪府警は7日、寝屋川署巡査長・大江翼容疑者(27)を道路交通法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の両容疑で、身代わりになった会社役員の男(56)を犯人隠避容疑でそれぞれ逮捕した。

 2人は容疑を認めているという。

 発表では、大江容疑者は10月12日未明、男と会った後、寝屋川市の路上で酒を飲んだ状態で車をバックさせ、植木に衝突。男が運転者として虚偽申告したことを黙認したうえ、事故処理を終えた署員2人に事実を打ち明け、口止めした疑い。府警は、この署員2人についても、犯人隠避容疑で書類送検する方針で、男が身代わりになった動機も調べる。

 男が10月、衆院選に関する公職選挙法違反容疑で逮捕され、捜査の中で発覚した。宮田雅博監察室長は「警察官として言語道断の行為」とするコメントを出した。

2017年12月7日13:43 Copyright © The Yomiuri Shimbun