「ゾーン30」効果あり、交通事故23・5%減

  • 路面に大きく表示された「ゾーン30」の表示(埼玉県川口市で)
    路面に大きく表示された「ゾーン30」の表示(埼玉県川口市で)

 通学路などの生活道路で最高速度を時速30キロに制限する「ゾーン30」の事故抑止効果について、警察庁は7日、初めて実施した全国調査の結果を発表した。

 交通事故が23・5%、死亡・重傷事故は26・8%減少するなど一定の効果が確認され、同庁は、来年度以降も通学路などを中心に整備を進める方針。

 ゾーン30は2006年9月、埼玉県川口市の道路幅約6メートルの生活道路で、脇見運転のワゴン車が保育園児らの列に突っ込み、園児ら21人が死傷した事故をきっかけに導入された。その後、全国に広がり、今年3月末現在、3105か所がゾーン30に指定されている。

 今回の検証は、16年3月末までに整備された2490か所を対象に実施。ゾーン30になった前後1年間の事故発生状況などを検証した。

(ここまで334文字 / 残り559文字)
2017年12月7日15:14 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。