広島原爆忌、登校日復活へ…取りやめに異論続出

 広島市の多くの公立小中学校で平和学習のため登校日としていた広島原爆忌(8月6日)が、市条例の適用で登校日でなくなっていた問題で、市教委は条例の運用を変更して登校日を復活させる方針を決めた。

 糸山隆教育長が、6日の市議会一般質問で明らかにした。

 政令市の権限拡大に伴い、今年度から教職員の人事権限が県から市に全て移譲された。市条例では原爆忌が休日と定められているため教職員が出勤できず、登校日でなくなっていた。学校現場では「原爆忌に平和について考えてこそ意味がある」と異論が相次ぎ、市教委が文部科学省に問い合わせていた。

 この日の市議会本会議で、糸山教育長は「教職員の休日勤務が可能となる学校行事として、平和学習を実施する方法に見直す」と答弁。各校の判断で平和学習の実施日や授業内容を決定し、8月6日に再び実施できるとした。休日出勤の形となる教職員については、代休取得などの措置をとるという。

2017年12月7日15:06 Copyright © The Yomiuri Shimbun