50代警部補、同僚警官殴る…捜査方針巡り口論

 同僚の警官を殴ってけがを負わせたとして、京都府警は7日、府警本部組織犯罪対策2課の50歳代の男性警部補を傷害容疑で書類送検し、本部長訓戒の処分とした。

 捜査関係者への取材でわかった。警部補は容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、警部補は10月中旬、京都市の右京署内で、男性警官の顔を殴り、鼓膜を破るけがを負わせた疑い。同署管内で起きた事件の捜査方針を巡って口論になったという。

2017年12月7日17:18 Copyright © The Yomiuri Shimbun