小2女児刺され重傷…同級生の母親、容疑で逮捕

 7日午後4時10分頃、奈良県生駒市鹿ノ台南の民家から「女の子を刺した」と119番があった。

 消防から通報を受けた県警生駒署員が現場に駆け付けたところ、住人のパート従業員・千阪利恵容疑者(41)が包丁で刺したことを認めたため、殺人未遂容疑の現行犯で逮捕した。

 同署の発表によると、千阪容疑者の息子と同じ小学校で同学年の小学2年の女児(8)が、胸などを数か所切られるなどし、重傷。命に別条はないという。

 千阪容疑者宅は2階建てで事件当時、千阪容疑者と息子、女児の3人がいた。息子は別の部屋にいたといい、同署が詳しい経緯や状況を調べている。

 女児が通う小学校には午後5時過ぎ、同署から連絡があったといい、校長は「経緯は全く分からない。突然のことでただ驚いている」と話した。

(ここまで334文字 / 残り73文字)
2017年12月8日09:26 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。