「口論して何回か突き飛ばした」交際女性が死亡

 交際相手の女性を転倒させて死亡させたとして、北海道警は10日、札幌市中央区南5条西24、無職斉藤泰弘容疑者(54)を傷害致死容疑で逮捕した。

 発表によると、斉藤容疑者は自宅アパートで8日に交際相手の同区宮の森3の5、無職松阪清子さん(48)を突き飛ばし、転倒させるなどして頭部に損傷を負わせて死亡させた疑い。斉藤容疑者は容疑を認めている。

 2人はこれまでもトラブルを起こし、何度か道警が対応していたが、松阪さんが道警の介入を拒否していたという。斉藤容疑者は「口論になって何回か突き飛ばした」と供述している。

 斉藤容疑者は8日夜、松阪さんが数時間動かないのに気づき、110番。警察官が容疑者宅の居間であおむけで倒れている松阪さんを発見した。

2018年1月10日10:30 Copyright © The Yomiuri Shimbun