水銀入りの加熱式たばこ、14本吸わせ殺害狙う

 知人男性に水銀を含ませた加熱式たばこを吸わせたとして、滋賀県警は10日、大津市関津の設備業・宮脇貴史容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 容疑を認め、「カートリッジ1本あたり0・3~0・5グラムの水銀を含ませた」と供述しているという。

 発表によると、宮脇容疑者は昨年6月3日、水銀を含んだ加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を滋賀県栗東りっとう市の知人男性(37)に手渡し、同市内のパチンコ店などで4日までに計14本を吸わせ、殺害しようとした疑い。男性は味覚障害などの中毒症状が出たという。

 男性は異変に気付いて吸うのをやめたが、舌がしびれ、ろれつが回らなくなるなどしたため、被害届を提出。男性の血液などからは基準値を超える水銀が検出された。男性は宮脇容疑者が以前に経営していた携帯電話修理会社の従業員だったといい、県警はトラブルがなかったかどうかを調べる。

(ここまで387文字 / 残り194文字)
2018年1月10日12:09 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。