東京港トンネル、事故で出火「煙で周囲真っ白」

  • 東京港トンネル内の事故で、お台場側に渋滞の列が伸びる首都高速湾岸線(10日午前10時44分、読売ヘリから)=鈴木毅彦撮影
    東京港トンネル内の事故で、お台場側に渋滞の列が伸びる首都高速湾岸線(10日午前10時44分、読売ヘリから)=鈴木毅彦撮影

 10日午前9時40分頃、東京都品川区の首都高速湾岸線西行きの東京港トンネル(約1・3キロ)で、トレーラーやトラックなど5台が絡む事故があり、車を運転していた男性3人が軽傷を負った。

 車から出火し、トンネルに煙が立ちこめたが、警視庁高速隊が消し止めた。

 同隊によると、現場はトンネル入り口から約100メートル。事故の影響で、同線西行きの有明ジャンクション―東京港トンネル間が通行止めになった。トンネルを走行していた東京都の男性会社員(29)は、「一時、周囲が煙で真っ白になり、焦げ臭くなった。何が起きているかわからず、怖かった」と話した。

  • 東京港トンネルの事故で渋滞する首都高湾岸線(奥が羽田方面)(10日午前11時26分、東京都港区で)=林陽一撮影
    東京港トンネルの事故で渋滞する首都高湾岸線(奥が羽田方面)(10日午前11時26分、東京都港区で)=林陽一撮影
  • 首都高速湾岸線の東京港トンネル(奥)で事故が起き、お台場側で高速道路から誘導される後続車(10日午前11時47分)=林陽一撮影
    首都高速湾岸線の東京港トンネル(奥)で事故が起き、お台場側で高速道路から誘導される後続車(10日午前11時47分)=林陽一撮影
2018年1月10日13:19 Copyright © The Yomiuri Shimbun