あおむけの生徒につば90回、教諭を懲戒

 青森県教育委員会は10日、部活動の指導中に男子部員2人の顔に90回つばを吐きかけるなどの体罰を加えたとして、同県三戸郡内の中学校の男性教諭(46)を減給3か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

 処分は昨年12月4日付。

 県教委の発表によると、教諭は2015年8月~17年3月、顧問を務める部活動で、部員2人があおむけになってストレッチをしている時などに、上からつばを吐きかける体罰を少なくとも90回程度繰り返した。また、このうちの1人と別の男子部員2人に平手打ちをしたり、頬をつねったりした。

 別の生徒が学校に相談して発覚した。4人は部活の中心メンバーで、男性教諭は「勝たせなければという思いから、手を出してしまった。コミュニケーションのつもりだった」などと話しているという。

2018年1月10日21:24 Copyright © The Yomiuri Shimbun