タイで入れ墨姿投稿され、殺人手配の元組員逮捕

 【バンコク=大重真弓】タイ警察は10日、三重県津市で約15年前に暴力団幹部が殺害された事件に関わった疑いがあるとして国際手配されていた元暴力団組員、白井繁治容疑者(74)をタイ中部ロッブリー県で逮捕した。

 逮捕容疑は、不法滞在。

 事件は2003年7月24日夜、暴力団組員の乙部和彦幹部(当時42歳)が、自宅で拳銃で頭を撃たれ、殺害された。

 タイ警察によると、白井容疑者は05年からロッブリー県に潜伏していた。住民が白井容疑者の入れ墨姿の画像をフェイスブックに投稿したのがきっかけで身元が判明。白井容疑者は、公園で住民とチェスをしていたところを逮捕された。

2018年1月11日11:41 Copyright © The Yomiuri Shimbun