振り袖被害1億5千万円、横浜市だけで214件

 着物販売レンタルの「はれのひ」(本部・横浜市中区)の店舗が閉鎖され、多くの新成人が振り袖を着られなかった問題で、各自治体の消費生活相談窓口に寄せられた被害額が、契約額ベースで計約1億5000万円に上ることがわかった。

 特別相談窓口を設置した横浜市には10日までに214件の申告があり、被害相談の金額は約6800万円に達している。神奈川県横須賀市にも同日までに32件(約960万円)、相模原市は24件(約740万円)の届け出があったという。

 このほか、店舗のあった東京都八王子市の消費生活センターにも、同日までに113件の相談があり、被害相談の総額は計約3200万円に上るという。茨城県つくば市の消費生活センターには48件(約1460万円)、福岡市には37件(約1088万円)、千葉県柏市には26件(約660万円)の相談が寄せられた。

(ここまで367文字 / 残り601文字)
2018年1月11日15:49 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。