500万円の駒も被害…将棋用品店に強盗

 11日午前10時40分頃、大阪府八尾市北本町の将棋用品店「将棋博物館」から、「男に将棋の駒を奪われた」と110番があった。

 府警八尾署員が駆けつけたところ、店内の陳列ケースが割られ、約40セットがなくなっていた。被害総額は約5000万円に上るとみられ、同署は強盗事件として捜査している。

 発表によると、女性従業員(36)が午前10時20分頃、外出先から店に戻った際、男に羽交い締めにされ、「静かにしろ」と脅された。男は、女性を椅子に座らせてテープで縛り、駒を奪って逃走。被害品には1セット500万円の駒もあったという。

 女性はテープを外し、経営者に連絡した。女性にけがはなかった。男は上下とも黒っぽい服で、帽子にマスク姿だった。店は定休日で、女性は所用で来ていた。

2018年1月11日20:34 Copyright © The Yomiuri Shimbun