バイトやパチンコに出かけ放置…6か月長女死亡

 生後6か月の長女に十分な食事や水分を与えず死亡させたとして、神奈川県警は11日、いずれも横浜市南区、自称派遣社員の父親(29)と母親(19)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。

 発表によると、2人は昨年5月18~31日頃の間、自宅アパートで、長女に必要な食事や水分を与えず衰弱させて死亡させた疑い。司法解剖の結果、死因は脱水症の可能性がある。

 2人は調べに対し、「間違いない」と容疑を認め、「連日、アルバイトやパチンコなどに出かけ、娘を放置した」と話している。プラスチック製の箱の中に寝かせていたという。箱は縦約35センチ、横約47センチで、身長約68センチの長女より小さいサイズだった。

(ここまで295文字 / 残り84文字)
2018年1月11日21:44 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。