政府専用機、金属パネルを紛失…飛行中に落下か

 航空自衛隊航空幕僚監部は11日、政府専用機(ボーイング747型機)の右主翼とエンジンを結合する部分の金属製パネルを紛失したと発表した。

 羽田(東京)―新千歳空港(北海道)間を飛行中に落下した可能性があり、航空自衛隊が調べている。

 発表によると、パネルは縦38センチ、横20センチ、厚さ2ミリで重さ約500グラム。この政府専用機は11日正午、定期整備後の移動のために羽田を離陸し、午後1時10分頃、新千歳空港に着陸した。飛行後の点検で、なくなっていることがわかった。

2018年1月11日20:42 Copyright © The Yomiuri Shimbun