大阪と広島で火災相次ぐ…2人死亡・2人不明

 大阪、広島両府県で11日夜から12日にかけ、火災が相次ぎ、2人が死亡、2人が行方不明、1人が重体となっている。

 12日午前1時10分頃、大阪府吹田市片山町の木造2階建てアパートから出火。1階の2部屋が焼け、うち1部屋から住人とみられる男女2人の遺体が発見された。11日夜には、同府富田林、東大阪両市の民家から出火し、住人の高齢女性が行方不明、別の女性1人が意識不明の重体となっている。

 また、12日午前0時5分頃、JR広島駅近くの飲食店街でも複数の店舗や住宅が焼け、女性1人と連絡が取れていないという。

2018年1月12日11:40 Copyright © The Yomiuri Shimbun