香川の鳥インフル、9万羽を殺処分

  • 鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場で、作業に当たる県職員ら(12日午前、香川県さぬき市で、読売ヘリから)=尾賀聡撮影
    鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場で、作業に当たる県職員ら(12日午前、香川県さぬき市で、読売ヘリから)=尾賀聡撮影

 香川県さぬき市の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、計約9万1000羽が殺処分の対象となった2養鶏場では、12日も県による作業が続けられた。

 同日中の完了を目指しており、感染拡大防止のため、周辺でも鶏や卵の移動などを禁止した。

 家畜伝染病予防法に基づき、11日深夜から県職員や自衛隊員らが約200人態勢で、鶏舎の消毒や殺処分を開始。鶏舎周辺に消毒用の消石灰をまき、死骸を多数の箱に密閉していった。県内の焼却施設で焼却を始め、数日中に終えるという。

 農林水産省の疫学調査チームも12日午前、養鶏場に到着。感染経路の解明に乗り出した。礒崎陽輔・農水副大臣も県庁を訪れ、浜田恵造知事と今後の対策などを協議した。

(ここまで318文字 / 残り401文字)
2018年1月12日13:28 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。