頭の骨折り男児重体、母親を殺人未遂容疑で逮捕

 生後11か月の次男を殺害しようとしたとして、愛知県警豊田署は12日、母親で同県豊田市京町の派遣社員松下園里えり容疑者(29)を殺人未遂容疑で逮捕した。

 発表によると、松下容疑者は11日午後7時頃、自宅で次男を床に投げ落として殺害しようとした疑い。次男は病院に運ばれたが、頭の骨を折っており、意識不明の重体。調べに対し、松下容疑者は「泣きやまず、イライラした」と供述する一方、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているという。

 松下容疑者は、夫婦と次男を含む三つ子の5人暮らし。事件当時、夫は夜勤に出るため準備中で、夫が家を出た後、松下容疑者が次男の異変に気づき119番した。

 病院側が12日未明、地元の児童相談所と同署に「事件の可能性がある」などと連絡した。児相によると、病院から「母親が2、3回、男児を地面にたたきつけたとみられる」と連絡があった。過去に虐待を疑う通報などはなかったという。

2018年1月12日15:36 Copyright © The Yomiuri Shimbun