体罰で退職後も指導や体罰…県教委、情報を放置

 岐阜県下呂市の県立益田清風高校で、非常勤講師として女子ハンドボール部のコーチをしていた男性が体罰を行って依願退職した問題で、男性が退職後も学校外で指導や体罰を続けているとの情報が1年以上前に県教育委員会に寄せられたにもかかわらず、県教委が男性に聞き取り調査をしていなかったことがわかった。

 県教委は16日、県庁で記者会見し、男性がコーチをしていた2014年5月、部員3人の足を蹴り、3年生の1人に肉離れをするけがを負わせ、直後に依願退職したと説明した。事実を公表しなかった理由については「男性が退職し、懲戒処分の対象とならなかったため」とした。

 また、退職後も指導や体罰を続けているという情報が昨年3月に寄せられたとした上で、男性本人や当時の部顧問らへの聞き取り調査を行っていないことを明らかにした。

(ここまで351文字 / 残り104文字)
2018年4月17日07:17 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。